宅急便冷蔵庫

冷蔵庫を送る方法

宅急便冷蔵庫

 

宅急便冷蔵庫配送

 

宅急便冷蔵庫輸送

 

宅急便運ぶ冷蔵庫

 

 

冷蔵庫を送ることのできる宅配業者は、家財便を扱っている大手宅配会社だけです。

 

郵便局では30kg以上、3辺合わせて170p以上の荷物を送ることは出来ません。

 

大手の宅配会社で冷蔵庫を送ってもらうには、距離にもよりますが2万円前後かかります。

 

もう少し安くならないかな?と思っているなら、引越し業者一括見積もりをしてみませんか?

 

業者の数が少ないと費用はどうしても割高になります。

 

数の多い引越し業者なら、価格競争がありますのでもっと安く冷蔵庫を運んでくれる会社を探してくれるかもしれません。

 

引越し業者には、冷蔵庫だけを運んで欲しいという依頼も多いのです。

 

お気軽にお問合せくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ライフル引越し
引越し

・住まい探しのライフルの引越し
・はじめての引越しにもおすすめ
・あなたに合った業者とは

 

 

 

 

引越し料金のしくみとは

 

冷蔵庫送る費用

 

引越しの料金は人件費や移動距離、オプションの有無などによって決まります。
人件費というのは実際にダンボールを運んでくれるスタッフだけでなく新居まで運転してくれるスタッフに支払われるものです。
そして人件費は荷物の量が多ければそれだけスタッフの数も多く必要となるため高くなります。

 

移動距離もそうです。
近距離引越しに比べると遠距離引越しの費用はかなり高額になります。
それは人件費以外にも、ガソリン代や高速代もかかるからです。

 

さらにオプションというのは、必要な人だけがつける項目のことで、エアコンの移設やピアノや車など特殊なものの移送がこれに当たります。

 

ほかにも物件にエレベーターがなくて4階からの引越しやトラックを停める場所が遠ければ、搬出作業に時間がかかるのが容易に予想できますね。
そのような場合も引越し料金は高くなります。

 

少しでも費用を抑えたいのであれば、いくつかの会社から見積もりを取って比較検討してみるのが1番簡単で早い方法です。

 

 

引越し費用と値引き

 

冷蔵庫送る比較

 

引越し料金は近距離であれば単身引越しで3〜6万円、カップルの引越しで6〜10万円、ファミリーの引越しで6.5〜16万円くらいかかります。
引越し料金は、引越しの時期や業者によってかなりの差があります。

 

できれば引越し業者を選ぶなら、6社くらいから見積もりが欲しいところです。
引越し費用はいつでもどこでも同じ価格ではないのです。

 

以前A社で東京から大阪への引越しを依頼してとても印象がよかったので、今度も大阪から東京への引越しをA社に依頼したところ、金額が前とかなり違って驚いたということもあります。
それは決してA社が足元をみたといわけではなく、そういう時期だったというしかないのです。

 

引越しには繁忙期があり、この時期はどこの引越し業者に依頼しても費用が高めに設定されています
繁忙期はスタッフを増員してこの時期を乗り越えないと、仕事が終わらないこともあるからです。

 

だからこそ引越し業者を決める際は、できるだけ多くの引越し業者からの見積もりが欲しいのです。

 

業者を選ぶ際に注意しなければいけないことは、見積もり書の合計金額だけを見て決めないことです。
ちゃんとどのような項目があるかサービスはなにかなども確認しましょう。

 

業者を比較するということはそこに競争が生まれ、値引きされるチャンスができるということです。
A社よりも〇〇円お安くします、ダンボールを〇個追加サ―ビスしますなどという交渉は、競争がないと生まれません。
 

 

 

引越しのあいさつとタイミング

 

引越しのあいさつ

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くのがオススメです。
なぜかといいますと先延ばしにすると段々行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越しまでに簡単な粗品を用意しておくのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤なども喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
もし大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家の場合はマンションのような住人専用のゴミ収積所がないことがあります。
そういうところではおそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。

 

ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心です。

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

おおまかにはこのような感じです。

 

引越し先にエレベーターがあるかないのか、廊下はせまくないのか、トラックは近くに停められるのか?などの情報がなければ、引越し料金の性格な金額が決まりません。
ですから新居が決まってから見積もりを取りましょう。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかりますので、不用品は売る・捨てる・あげるなどして処分しましょう。

 

市外引越しの場合は転出届が必要です。
引越し先が近隣ならいいですが遠方ですとなかなか面倒な手続きになるので、必ず引越し前に提出しましょう。

 

電気・ガス・水道は引越し日止めてもらうように手配し、日割り計算で精算します。
ガスがガス会社立ち合いで元栓を閉める作業があります。
詳しくは各会社に電話して問い合わせておきましょう。

 

さらに同じ市内なら〇日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておきましょう。
通信会社にも連絡し、どうすればいいか確認してくださいね。

 

郵便物は1年間は新居へ転送することができます。
その間に知人に引越ししましたという連絡をしてください。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。
荷解きはゆっくりしてください。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら転入届を同一市内なら転居届けを2週間以内に提出してください。
選挙、税金など大事なお知らせががこれで届きます。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから早めに連絡しましょう。

 

 

引越しを安くする条件

 

引越し 安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいなら条件を見直ししてみませんか?

 

まず大前提なのですが、引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなります。
引越しをする前にできるだけ捨てたり、あげたり、売ったりして不用品を処分しておきましょう。

 

引越し日についてですが、土日祝日は人気があります。
仕事を休まずに引越しできるからです。こういう予約が多い日は引越し費用は高くなります。
土日が高いというよりも、平日が安いと言ったほうがいいのかもしれません。
大安も日が良いので人気があって高いですから、出来ることなら大安を避けて平日に引越ししましょう。

 

午前と午後で言うと、午前中の引越しが断然人気です。
午前中に荷物を運び入れて午後からは荷解きしたいですよね。

 

ですが引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引してくれるかもしれませんのでもし時間を急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。
レンタカーは時間に追われますし、自分で運転もしないといけませんので結構体力的にキツイです。

 

遠距離の引越しなら、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便がオススメです。
通常よりも費用がかなり安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しのオプションって何?

 

大型家電 引越し オプション

 

引越しのオプションにはこのようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

これらは引越しする人すべてを対象としないため、必要な人だけが申し込むものです。
中でも多いのがエアコンの移設です。

 

エアコンは1台が10万円近くする高級な家電です。しかも3部屋あったら3部屋ともにつけたいですね。
そのため以前使っていたものを移設したいという依頼は多いです。

 

引越しの際にエアコン移設を自分で依頼するには、まず電気事業者に依頼して外してもらい、新居で
再び電気事業者につけてもらう必要があります。面倒ですね。

 

引越し業者に依頼しておけばこの手間が省けます。

 

 

 

 

宅急便料金冷蔵庫 冷蔵庫を運ぶ 冷蔵庫配送