引越し キャンセル

引越しのキャンセル

引越し キャンセル

 

予定していた引越しをキャンセルしなければならないこともあります。
急な入院、手術、事故、災害、仕事の都合などは自分でもどうしようもない理由なので誰にでも起こりうる問題です。

 

ですから引越しのキャンセルについても知っておきましょう。
一番気になるのはキャンセル料ですが、どうなっているのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
そこには次のようなことが書かれてあります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

引越し前日のキャンセルからキャンセル料が発生することがわかりますね。
引越し業者が勝手に法外なキャンセル料を設定できないように規制しているのでしょう。

 

依頼者にとってはかなりありがたい法律ですが、急なキャンセルは引越し業者にはとても迷惑がかかります。
もしかしたらほかの人の予約を断ったかもしれません。

 

なのでもしキャンセルすることが決まったら、すぐに引越し業者に連絡してください。
他の人の予約を新しく入れるチャンスがあるかもしれないからです。

 

この「標準引越運送約款」は引越し業者に大変不評なため、いつか改訂される可能性があります。
ですから必ず引越し業者と交わした契約書の「キャンセル」の項目」にも目を通しておいてくださいね。