引越し トラック 道路の幅

引越しのトラックと道路の幅

引越し トラック

 

引越しの時は大きなトラックを手配したほうが、荷物が入り切らないということがないので安心に思うかもしれません。
しかし、トラックの大きさが大きいよりも小さい方がガソリン代などの経費が安く済むので大きければいいというものでもないんです。

 

どの大きさのトラックを選ぶかは運びたい荷物の量によりますが、費用面を考えると適正な大きさのトラックが必要です。
しかしトラックの大きさが決まっても、物件に面する道路の幅が狭い場合、そのトラックが使用できないこともあります。

 

トラックの大きさと前面道路の幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

トラックの大きさは荷物の量と、物件の前の道路の幅を考慮して決めましょう。
大きいトラックが使えない場合は、小さいトラックを複数使うかちょっと離れた場所に停めてリアカーで荷物を運ぶなどの方法があります。